ようこそ「初!競馬」へ

HOME<調教師と厩務員とは

調教師と厩務員とは・・・

調教師や厩務員ってどういう仕事をしているのでしょう。また、どのようなとこで教育を受けなければいけないのか?何歳以上か?など調教師や厩務員になるための道とお仕事の内容を教えちゃいます。調教師の会社設立を目指す方は参考にしてみてください。

調教師と厩務員の仕事

調教師とは、厩舎の責任者であり、馬主からの依頼を受けて馬の調教につとめ、レースに向け競走馬として育てていくことです。競走馬にする為には、3歳頃までは牧場で育て、その後厩舎に移されて、競走馬としての心身、トレーニングを積んでいきます。その為に調教師は、厩務員という馬の日常を世話する人と調教師助手などを雇い、任せております。
厩務員は馬の日常生活のすべてにおいて世話をしなければ行けないため、労働時間はAM5:00からPM8:00までにの勤務時間になってます。朝はまず競走馬の体温などを測ったり、体調の様子を確認することから始まり、その後、ブラシやタオルなどで、馬の体のお手入れをしたり、ワラを日に干したりということをし、調教を始めます。調教中も競走馬の様子を気にします。一汗をかいたら、また馬の汗をタオルで拭き取り、ご飯の与え、そして、また運動、汗拭き、ご飯などをしながら一日が終了します。労働時間が長いのですが、休憩時間もあります。しかし、休憩時間はあると言っても、一日中馬と接していなければならない為、馬を本当に好きという人でないとやっていけないでしょう。他にも大きな競走馬の世話なので、体力が必要になります。
ちなみに地方でレースがある場合は、その都度、競走馬についていく為、当たり前のように出張へ行きます。

調教師・厩務員になるには

地方の厩務員の場合だと、乗馬歴などや厩務員になるための学校を通わずに、厩務員として働くことができますが、その為には、調教師の方と知り合いであるというほうが一番近道ではないかと思います。押しかけで厩務員になりたいと言っても、大事な競走馬を馬主から預かっている調教師は不安ですよね。なので、馬に接する態度などを観みるためにも、見習いからのスタートになるでしょう。

中央競馬での厩務員はしっかりと日本中央競馬会競馬学校へ通います。応募資格などがあり、年齢28歳以下、中学卒業以上の学歴、経験などの応募資格にまずはクリアしなければ行けません。募集人数は20名なので、とても倍率が高いといわれております。応募して合格し、教育を受けて厩務員となります。

調教師になるには、厩務員、調教助手などの経験を得て資格に合格すれば調教師になります。

当サイトはリンクフリーです。バナーもありますので、ご自由に貼り付けしてください。※アダルトサイトや秩序を乱すようなサイトへの貼り付けはご遠慮願います。初!競馬のバナー
copyright C 2009 初!競馬 AllrightReserved.